PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ありがとう☆

このブログでもたびたび登場してた
甥っ子&姪っ子ズ達


XF015300_20160716025004f7a.jpg


このブログを始めた頃は
なーたんぐらいだった長男コウタも
今は小学5年生

長女のミユウは3年生となり
次女のミズキは今年から1年生

そして末っ子のハルちゃんは3歳になりました。。
皆、元気にスクスク成長しています☆





約2年前にハルちゃんが肺炎をこじらせ
1週間入院したときがあったのですが
まだ1歳だったのでずっと病院で
寝泊まりしてたママ(義妹)のチャコ。。

その時に背中に違和感を感じたので
ついでに同じ病院で診てもらったら
ハルは退院できたのにそのままチャコだけ
引き続き検査入院することに。。



『胸膜中皮腫』
石綿(アスベスト )が発症の原因として知られる癌



それからというもの入退院を繰り返しながら
ずっと病魔と闘ってきたチャコ。。
絶対に治るものだと信じて。。


ところが先日、弟から電話があり
「医者が1ヶ月単位で考えてくれだって…」


それを聞いたとき正直
何て言葉をかけたら良いか分からず
言葉が全く出てきませんでした。。



その電話から2週間後の7月11日の朝

「意識があるうちに子供達に会わせる」
と弟から電話がありました。。


さらにLINEで「もうもたなそう」
と伝えてきたので
急いで黒幕と病院へ

3Fのエレベーターを降りるとすぐに
子供達の叫び声が聞こえてきました。。

「ママ!ママ~!」

慌てて病室に行くとベッドの周りで
「ママ!起きて!」と
必死に声を掛け
泣き叫ぶ子供たちの姿が。。





そしてそれから数分後。。
チャコは安らかに天国へ旅立ちました。。




『バイバイ、、ママ、、』

コウタが最後に力なく発したこの言葉
その姿は一生忘れません。。








DSC_0736.jpg


残された子供達の絶望感、寂しさを考えると
本当にいたたまれなくなります。。

そしてチャコ。。
幼い子供達を残し自分が先に逝くことが
どんなに無念だったことか、、、








DSCF1226a.jpg


日曜日はチャコと本当に本当に
最期のお別れの日でした。。
とても心のこもった温かい告別式となりました。。



痛み止めの注射を打ってまで
子供達を公園やディズニーランドへ連れて行き
楽しい思い出を作ってあげたり

認知症が進み自分でご飯が
作れなくなった母のために
退院して家にいるときは
自分の体調が良くないときでも
ご飯を作って運んでくれてたチャコ








DSCF1369.jpg


『チャコ今まで本当にありがとう』



最愛のママを亡くし、とても寂しいけど
ポジティブに前に進もうとしてる弟家族に
応援のポチリを!↓

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| @ファミリー | 06:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://otantan.blog71.fc2.com/tb.php/1207-e6cd1a96

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT