PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

岩手出張~その9

岩手出張シリーズ今日で最終回です!



K57_3849.jpg


出張に行くと毎回ゴン太が自由に遊べる様な場所を探すのですが
今回はこの冬季閉鎖されてる公園の駐車場に良く行きました。。








AJK57_3832.jpg


が、こんな広い場所でもゴン太は隅っこでクンクン調査隊ばかり…








K57_3744.jpg


まぁ、隅っこには鹿の糞が落ちてたので足跡の匂いでも嗅いでたのでしょう。。








AJK57_3809.jpg

ALK57_3811.jpg

AJK57_3810.jpg


雪に足を取られてるゴン太・・・まぁ、そんなゴン太は無視して、、、、


最終回はやはり今回の出張は被災地ということで現地に行って聞いた事、感じた事を。。

あの震災からもうすぐ一年が経とうとしてますが本当の復興はまだまだこれからという感じです。。
行政の基本計画が決まらないので家や店を建てたくても何も手が出せない状況だそうです。。








asqk57-4230page.jpg


仕事で行ってた大槌町。。
津波が来た後に役場で緊急対策本部を設置して関係者を集めた途端、二波目の津波に襲われ
町長以下みな流されてしまったとか…

隣の町の稲荷神社の住職の話しだと最初の津波が来る前に、村一番の高台にあるその神社に
部落の人達皆が逃げ込んで来て難を逃れたが、津波が落ち着いたから奥さんや小さい子供を置き
男性陣だけで自宅の様子を見に行ったらその後に襲って来た二波目に男性陣は皆流されてしまったとか…
(ここの部落の94%の家屋が流されたそうです)








K57_3221.jpg


そういう痛々しい話しもあれば
車で坂道を必死に登って逃げて後ろタイヤまで水没したけど
キュルキュル空転しながらなんとか逃げられたよ!
と笑顔で話してたおじちゃんや

自宅に一人でいたら地震が来たのでベランダから屋根によじ登り
念仏を唱えながら津波が来るのを見てたんだよ!
と話してた70過ぎのおばちゃん。。
おばちゃん家は1階の天井まで水没したそうです。。
一人で屋根の上にいて怖かっただろうなぁ…








K57_3223.jpg


今回、毎日銭湯通いをしてたのでそういった現地の貴重なお話しを聞く事ができました。。
でも、皆さん仰ってたのが"想定外"の大津波だった事。。

最初の住職の話しでもどんなに大きな津波でも屋根に登れば大丈夫というのがそれまでの通説だったそうで
様子を見に行った男性陣も皆屋根に登ってたそうだけどその家ごと流されてしまったという…
『この経験を代々まで伝えていかないといけない』と最後に仰ってました。。








K57_3215.jpg


仮設住宅で暮らす方々は不自由な思いをされてますが寒い冬にも負けず頑張ってます。。








K57_4192.jpg


↑岩手県陸前高田市の高田松原『一本松』

時間はかかるだろうけど早く復興できる事を願ってます。。




スポンサーサイト

| @東北出張 | 08:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://otantan.blog71.fc2.com/tb.php/668-aafae71a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT